ファイルガードメール株式会社アブソリュート・システムズ

誰でも簡単に使えるファイルガード・メール

ソフトの概要

メール誤送信による個人情報漏えいは「個人情報保護法」違反になります
つい、うっかり等の防ぎようのない人為的ミスをリカバリー出来ます。
電子メールの添付ファイル、本文に自動的にパスワード(鍵)をかける事でパスワード(鍵)を持っている相手のみ、中身をみる事が出来ます。
特別な知識はいりません。 誰でも簡単に使え、相手のメールソフトも選びません。

ファイルガード・メールを使用しない場合

ファイルガード・メールを使用した場合

1.防ぎようのない『うっかりミス』をしても安心・安全の添付ファイル自動暗号化

2.本文の自動暗号化(する、しない選択可能)

3.Outlook Express でも添付ファイルの暗号復号ができ、受信者のメールソフトを選ばない

4.受信後、整理し易いように受信メールの件名(subject)の書き換えが可能

5.送信時(管理者など)指定のアドレスに自動的にBCC送信

6.受信時(管理者など)指定するアドレスへ自動的に送信

7.送信先毎に添付ファイル暗号化パスワードを事前登録

8.ツリー部のフォルダのパスワード保護など豊富な機能搭載のプロパティ設定

9.すべての画面(欄)の文字の大きさ、色などのカスタマイズ機能

10.テンプレートなど初心者でも驚くほど簡単に使える機能

何ができますか?

電子メールの添付ファイルを自動暗号化することで「うっかりミス」での「誤送信」、ネット上や着信メールの「盗み見」などから情報を確実に守ります。

ファイルガード・メールの最大の特長は?

間違えないように・・・確認するように注意する『精神論』でしか対策のしようが無かった『うっかりミス(不注意)』に対応し、今までと何ら変わらない手順のままの簡単な方法で添付ファイルとしたデータの漏洩を守る他に類を見ないメールソフトです。(暗号解読技術に完璧に対応するものではありません)

受信側の環境は?

WindowsXPやMacの最新版をお使いであれば問題ありません。古いOSをご使用でメールを観覧できない場合、対応する解凍ソフトを使用して観覧できます。

採用実績は?

金融機関、学校、電気・半導体・食品メーカー、病院、弁護士・税理士・司法書士事務所、大手通信、IT産業などで大変喜ばれて使用していただいております。

使用方法が面倒なのでは?

従来のメールと何ら変わらず、手順の追加など全くありません。

ファイルガード・メールにはどのような特徴があるのですか?

最大の特徴は、暗号化設定をいたしますと、送信する添付ファイル全てに自動的に暗号化(オートロック)を図ります。受信者には鍵が掛かった状態で送信されます。送信前または送信後に告知されるパスワードで開錠します。

添付ファイルが自動暗号化されるとどのようなメリットがあるのですか?

誤送信された場合、ファイルとして添付されたデータ(資料)によっては漏洩により、深刻な問題が発生しています。このような重大な問題が防止できます。

どのようにして暗号化されるのですか?

データや写真などのファイルをメールに添付する場合、送信時に送信者の意思に関わらず自動(強制)的に圧縮し、暗号化を図ります。

File Guard Mail ファイルガードメール
動作環境 ・windows98・windows2000
・windowsXP
・windowsVista
・windows7
・メモリ
Pentium III 以上
・HDD 空き10MB以上
ご利用方法 ■デスクトップ上のアイコンをクリック
または【スタート】→【プログラム】→【ファイルガード・メール】をクリックしてファイルガード・メールを起動させます。
参考価格 お問い合わせください
参考リンク メーカー商品詳細
ご導入企業様の案内文
その他 商品はダウンロード販売になります。

お問い合わせ

製品情報

Copyright(c) 2012 株式会社アブソリュート・システムズ All Rights Reserved.